起こりうる巨大地震のことが心配の方へ

 

 

   耐震・制震・免震   違いが分かる地震対策

地震に強い家とは… 

 

 

今地震が来ても大丈夫だろうか…?

稲沢市の地震対策

 

耐震・制震・免震、いったいどれがいいの?

耐震・制震・免震

 

 

これから家を建てようと思ったとき、どんな家がいいか考えますよね。

おしゃれなデザイン? 間取り? いいえ、まずは地震に強い家にしたいと思うことが一番先ではないでしょうか?

 

そこで、家づくりの中での地震対策として出てくるのが、耐震・制震・免震です。

ここでは、この耐震・制震・免震の特徴をそれぞれ紹介していきます。

 

 

 

耐震

 

建物自体を頑丈な作りにして家の耐力をUPします。

具体的には、建物の骨組みなどを強化して補強金物などで地震の揺れに対してひたすら耐えるという構造です。

また、筋交いや構造用合板などで強化された耐力壁をバランスよく配置することで、耐力を向上させる方法もあります。揺れに対しての軽減はありません。

 

 

耐震(HS金物工法)
金物を使用して、継手の欠損を最小限に抑え強化します
愛知県稲沢市で金物工法
金物でしっかり継ぎ合わせて家の耐力をUPします

制震

 

建物に特殊な装置を備えることで、地震時に発生する建物の変形を制振装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくくして揺れを少なくします。装置は設置されていませんが、日本古来の五重塔も揺れを全体で吸収するという考え方でこの制震に近いものがあります。

揺れの軽減率は20~50%です。

 

 

 

清須市のK様邸 制振装置
GHハイブリッド制震工法
愛知県清須市の新築制震装置
GHハイブリッド制振工法

 

 

GHハイブリッド制震工法(減震くん)

土台と梁の中間に設置して、特殊ダンパーにより建物の振動を吸収して建物の揺れを軽減します。

 

稲沢市の新築現場
KブレースSiB 制震装置
稲沢市 制震装置
KブレースSiB 制震装置

 

 

KブレースSiB

壁の内側に施工します。少しの揺れには耐震効果があり、大きな揺れには揺れを吸収する制震効果があります。

免震

 

建物を地面(床下)から浮かせたり、ゴムで支えたりすることで地震の力を逃して振動が直接建物に伝わらないようにします。地震はもちろん、不動沈下や自動車・電車の交通振動に対しても効果的です。

揺れの軽減率は85~90%です。

 

 

 

稲沢市T様邸 免震工事
コロンブス免震工法

 

 

コロンブス免震工法

特殊な発泡樹脂「ジオフォーム」の上にベタ基礎を敷設する工法。地盤にかかる建物荷重を軽減するだけではなく、地盤からの振動や衝撃を吸収してやわらげます。また、地震の揺れや自動車・電車の交通振動もジオフォームが吸収しますので、体感する振動はとても弱くなります。さらに基礎の根入れ深くし、計画地の土と軽量なジオフォームに置き換えることで、地盤にかかる重量を調整し、建物の沈下を抑えます。

 

さらに詳しいことを知りたい方は、㈱菱信工務店のホームページまで

  株式会社菱信工務店HP